ゴブリン

img_mons01空の世界の各地に生息する小さき鬼。起源は古く、かつて《創世神》が《ヒューマン》、《エルーン》、《ドラフ》、《ハーヴィン》の四種族と共に創り上げた。王を中心とする独自の社会を形成し、強権的な姫君とそれを囲む魔導士達によって統率された集団で旅人を襲う。そのため、その力を軽んじて壊滅させられた《騎空団》も少なくない。

ジェリー

水辺に潜み、癒しを求めて立ち寄る者を誘惑する魔物。《アウギュステ列島》や《ルーマシー群島》では古くから言い伝えられている。気性の穏やかな魔物であり、中には水辺の住人と共生し平和に暮らしたという伝承もある。しかし、水中においては並の魔物以上の力を誇り、手練れの《騎空士》と言えども油断をすれば容易に薄暗い水の底へと引きずり込まれてしまう。img_mons02

ヒドラ

img_mons035つの頭を持つ異形の怪物。その咢からは炎が溢れ、猛る多頭の竜は地獄の業火で空と大地を粉砕し、あらゆる生命の存在を許さない。破壊の限りを尽くす存在だが、かつて《星の民》はその異界の魔術をもってこれを手懐け、宝を護る屈強な守護者とした。そのため、空の世界には未だに住人を持たぬ土地があり、炎の燻ぶる焦土の奥地には怪物の護る異界の宝が眠っていることも。